オタク徒然

たぶん忘れてたのは 思い出じゃなくて 鍵の在り処だった

【小倉 唯】 2nd LIVE Smiley Cherry【セトリと感想】

色々あって小倉唯さんを好きになり(リンク参考)、

pnkmgnd.hatenablog.com

今日ついに小倉唯さんの2ndワンマンライブであるSmiley Cherryに行ってきた。上記記事の彼氏と。

サマステはノーカンとして実質初めての唯ちゃんの真面目な現場だったからかなり緊張した。

目当ての曲は唯ちゃんを好きになるきっかけになったRaiseと、チェリパスで一番好きなTomorrow。

昼夜両公演とも行ったけど記事分けると無限に文章書く羽目に適度に分けながら適当に書いてく。

 

 

1.ハイタッチ☆メモリー

【昼】開幕初っ端からブチ上がるライブにあんまり慣れてないので微妙に硬くなってしまった。

【夜】昼公演で温まってたので無事ブチ上がった。

 

2.【昼】Happy Strawberry

 【夜】FUN FUN MERRY JAM

夜公演の時にぼんやり「あれ、私ハピストとファンファン~勘違いしてたっけ?」って思ったけどセトリ変わってたのね。いま気付いた。

 

3.Baby Sweet Berry Love

【昼】最後に唯ちゃんが歌詞を間違えてて「唯ちゃんも人間なんだなあ…アンドロイドじゃないんだなあ…」と感嘆してしまった。そして完璧主義な小倉唯さんが歌詞を間違えても「“完璧”じゃなくなった…死にたい…」とならずに「てへっ♡ごめんね♡」と上手に良い意味で適当に誤魔化せるようになったのが、小倉唯さんの言葉を借りるととても“成長”だった…

BSBLはアンコールかなあとぼんやり思っていたので結構初っ端で飛ばしてきてびっくりした。アンコールなに歌うんや……(フラグ)

 

4.Baby,Baby,Baby

昼夜ともに泣いた唯一の曲なんだけど、あまりコンテンツは関係ない話なので後述する。

 

5.いつだってCall Me!

昭和っぽい曲に昭和っぽいコールが入って良いですね。

 

映像1

あんまり大声では言いたくないんだけど、風船がえっちなのを狙い過ぎてて正直引いてしまった…そんなあからさまに性的なことを連想させること唯ちゃんにさせないで…ていうか私いつから小倉唯処女厨になったんだ?

 

6.エンジョイ!

これだよこれ~~~~♡♡エンジョイ!大好きだからツイッターで「エンジョイ!振りコピして連番オタクを殴り殺すぞ!!」とか言ってたので、振り付けをふんわり覚えてったら超楽しかった!昼はサビしか踊れなかったけど「こりゃフルで覚えた方が楽しいぞ!」って思って昼と夜の間に必死にABメロの振り付け頭に叩き込んだ。

振りコピを試みて思ったけど間奏のパカパカパみたいなところマジで難しくて、そつなくこなしてる唯ちゃんマジパネェっすよこれ。

 

7.ガーリッシュエイジ

あ~~~!!!サイコ~~~!!!!!!!

ガーリッシュエイジは大好きな曲で、でも今回チェリパスには入ってないから披露してくれるかな…(ソワソワ)って思いながら臨んだけどやってくれてめっちゃ嬉しかった!しかもヘッドセット使っての全身ダンス!

これめちゃくちゃバンドが映える曲だからキントリに行かなかった自分が憎すぎる…まああの頃小倉唯さん嫌いだったしな……

 

8.ドキドキラビリンス

このエンジョイ!→ガーリッシュエイジ→ドキドキラビリンスの流れが最高過ぎた…かっこよくてかわいいエレクトロニカな曲だいしゅきなの…

これはオタクが大好きな「強気を装ってるけど実はか弱い女の子」の曲で毎回あざといな~~って思う。

でも落ちサビのこの部分

ツライツライツライばっかり言いたくない

プライドでサバイバル

の“意地”みたいなのが“小倉唯”さんとも重なって好き。女の子の強い部分、それか強くあろうとする部分が好き。

 

9.Dear

(気になるところがあるので感想今度書き直す)

 

10.Tomorrow

今日生で聴くのがめちゃめちゃ楽しみだった曲。もはやTomorrowを聴くために横浜まで行った。一時も見逃したくなくてキンブレ消してガチ地蔵してしまった。

Happy Jamの時は泣きながらSing-a-ling-a-Harmonyを歌ってた小倉唯さんがこの曲を歌えるようになった意味がデカ過ぎるんだよな。2年前は「周りから求められる“小倉唯”であること」を頑張り過ぎてボロボロになってたのに、

誰かの評価よりもこの目で見たものを信じたいよ

ちぐはぐでも夢中になりたい

遠回りも楽しいでしょ?

誰のためでもない私だけの道を

まっすぐじゃないけど確かな道のり

なんて、自分を大切にする価値観を堂々と歌い上げるのやばくない?唯ちゃんはもう“小倉唯”のプレッシャーに臆することなく“小倉唯”も楽しみながら自由に堂々と生きていけいるんだなあ……

ちょいちょいやってた両手を広げてるポーズが女神みたいで、天使♡お姫様♡だと思ってた唯ちゃんがいつの間にか神々しくなってマジヤバかった(語彙力)

この曲はストジャムのシンガリンガ枠だと思ってたから、「なんで最後のナンバーじゃないんだろう?」とか思ってたし、今日も本編最後とかにオタクを泣かせる目的で歌うと思ってたからサラッと披露してしまってびっくりした。でも、逆にTomorrowのようながっつり小倉唯さん本人に寄り添う曲をトリにしなくても良いくらいアーティスト“小倉唯”が成長したということなので、とても良いことだ。

 

11.Future Strike

【昼】Tomorrowでガチ泣きした後だったのでブチ上がりきれなかった…

それからFSとRaiseは幕張みたいにかっこいいゾーンとしてセットで来ると思ったけど、Dear→Tomorrow→FSが完全にアルバムの曲順だしこれからかっこいいゾーンが来るとは衣装の数的に思えないし「え…私、生のRaise聴けないの…?」ってここからめちゃめちゃ不安になった。サマステでも複数のオタクから「絶対Raise歌うよ!」って言われたのに歌ってもらえなかったしね。心に住みついてる不安が顔を出してた(Tomorrow)。

【夜】夜はTomorrowで泣かなかったから結構楽しめた。

 

12.アコガレCollection!

私は性格が悪いからこの曲のこと「おっさんの“女の子”の偏見が詰まってて寒気がする」とか思ってたんですけど、唯ちゃんが

「アコガレCollection!は本当に女の子の好きなものがたくさん詰まってて本当にお気に入りな1曲なんです♡」

って言ってたので思い直しました…。

ボリュームのあるロングワンピースが大好きなので衣装がとても好みだった。サビでワンピースの裾を持つ振り付けがたまらん。

あと間奏がディズニーっぽくて好き~♡って思ってたら、その部分でダンサーさんたちとディズニーのショーみたいな振り付けやっててとてもかわいかった。

 

~振り付け講座~

「わぁ~おめかしした大人の皆さんがミートボールやってる~!(爆笑)」

映像とか振り付け講座見て思ったけど、小倉唯さんが確実に“素”を出すのが上手くなってるのでこういうトークとかがハピジャムの頃とかよりすごい面白くなってた。ヤバイ○○見ても思ったけど素の唯ちゃん、茶目っ気満点でパンチがきいてて面白いしもっと見せて欲しい。

 

13.エブリデイ☆ハッピーデイ

【夜】なんか唯ちゃんが暴走して

「みんなが上手に踊れたらミートボール大魔神からミートボール食べてもいいよ(暗黒微笑)(茶番)」

みたいなのやってすごく楽しかった。こういうお茶目な唯ちゃん、好き。

 

14.Merry de Cherry

ラップがかわいくてめっちゃ好きな曲だけど、Merry de Cherryが好きな奴は絶対童貞だと思う。

 

15.【昼】Tinkling Smile

  【夜】Charming Do!

昼夜でセトリ変えるならTinkling SmileとCharming Do!を交換するんじゃね?って言ってたら本当に当たってしまった。

この曲の前に「残りあと2曲です!」と言われ、ラストはプラパスで確定だからRaiseが本編で来ないことが確定し絶望。

 

16.プラチナ・パスポート

ラスサビで上手に飛べた。

 

EN1.Raise

【昼】良かった…生Raise聴けて良かったほんとうに良かった…唯ちゃんを好きになったきっかけの曲だからずっと生で聴きたいって思ってたのにだってサマステでも聴けなかったし今回もそうなるんじゃないかって……

「アンコールでRaiseだよ~びっくりした~?♡」

びっくりどころの騒ぎではない。地獄から天国である。アンコールしてるときに「アンコールでRaiseなんて前例ないでしょ…TシャツにRaiseなんて絶対変だよ…」って半泣きだったから、Raiseの旋律(イントロ)が聴こえた瞬間嬉し過ぎてパシフィコの3階までジャンプしてしまった。

マジで嬉しかった、今日で一番泣いた曲。Raise一番聴きたかっただけに、本編でやらずに絶望させてからのアンコールの方が有難みが増してより感情が大きいものになった。神セトリ過ぎる。見事に手のひらの上でくるくる~~された。

それとオタクをRaiseでブチ上がらせなくても本編が成り立つようになったってのはデカいと思う。

【夜】アンコールの段階からペンライト赤にして立ってた。昼は号泣しながら飛び跳ねてたせいであまり記憶がなかったので夜は見ることに集中した。

 

MC

【昼】

「これからも小倉唯についてきてください!」

私はハピジャムの頃の小倉唯さんは「ついていきたい」というよりは「支えたい」って思わせる存在だなって思ってたけど、最近小倉唯さんは確実に強く成長してるな…もしかしてついていって良い存在になったのか…?って思ってたら本当に本人の口から「ついてきてください!」が聞けて嬉しかった。

【夜】

ちょっとマジでうろ覚えなんだけど忘れる前に文字にする。

「2年前ここ(パシフィコ横浜)に立った時はちょっとね…怖いって思ったの。

ここにいるみんなが、私ひとりだけのために来てくれてる。

私はその大きな愛に応えられるのかなって。」

「でも、今は違う……!

ここにいるみんなが、私の味方なんだって思える!

みんなが、私にエネルギーをくれるんだよ!」

ハピジャムの頃は「頑張っても頑張っても世界に自分だけ独りぼっちに思える」って言ってた小倉唯さんが!!!!!!!!!ファンを「味方」って思えるようになったの、成長過ぎませんか?!?!?!?!!!!!!!!

オタクって意外と優しいから!!!唯ちゃんが“小倉唯”とはちょっと違った素を見せてくれても嫌いにならないし受け入れるよ、大丈夫!!!

「2年前は10代で若くて自分の体力とかもわかってなくて全力でぶち当たることしかできなかったけど、今はツアーとかでソロとしての経験を積んであれからたくさん成長したなって思えるの。

だから、みんなも私の成長を微々たるものでも良いから感じとって帰ってくれると嬉しいです」

ほんと、ハピジャムの頃はあんなにボロボロだったのに、今は堂々と中盤でTomorrowを歌ったりRaiseをアンコールに持ってったり、パフォーマンスからもMCからもセトリからもなんかもうすべてから小倉唯さんの成長が感じられた。

しかも、ハピジャムでボロボロ泣いて、幕張でも安心して泣いてた小倉唯さんが今回は、

「Smiley Cherryってライブ名だから涙を見せないで笑顔で終わりたいです!」

って宣言して本当にちゃんと一度も涙を見せなかったんだよ…?小倉唯さん、強く、かっこよくなったね……好き過ぎる……

小倉唯さんはもうあの弱くて脆くてボロボロな女の子じゃなくて、強くてかっこよくてそれでいてかわいい最強の存在になったんだなあ……

 

15.Honey♥Come!!

この曲ヤバイよなあ~

推しのキミが大事 笑顔にさせてあげたい

推しを後悔させないための努力は惜しまない

髪型も癖も趣味も 実は進化中

このへんがまさに小倉唯さんが理想とする“小倉唯”さんというか…なんだかんだ一番小倉唯さんに近しい曲ってSing-a-ling-a-HarmonyでもなくTomorrowでもなくはにかむ~なんだよなあ…

Flower Shopに並ぶ花々がどれも等しく綺麗でも ね?

違う香り 違う光り 放つように

私も、似てないの、誰とも…たぶん。

お願いっ私だけ見て じょうずに云えたらいいのに

きみをずっと見つめさせて

ここは世界に一つだけの花を連想しちゃうしそれは間違ってないと思ってる。で、世界に一つだけの花は「ナンバーワンにならなくてもいい 元々特別なオンリーワン」って歌だけど、この我らがHoney♡Come!!は「みんなそれぞれオンリーワンだけど、その中で私をナンバーワンにしてくれ」って歌ってるんだよね。やばくない?この一番への貪欲さ。ストイックな小倉唯さんにピッタリなんだよなあ。

エモいわブチ上がるわで死にかけた〆だった。

 

で、最後にBaby, Baby, Babyで昼夜ともに泣いてしまった話をする。直接コンテンツとは関係のない個人的な話なので興味ない人は読み飛ばしてください。

Baby,Baby,Babyはいつも彼氏のこと考えながら聴いてて今日も「待ち合わせに先にいると嬉しいよね~」とか共感しながら楽しんでたら、なんか急にこんな状況に自分がなれるなんて少し前までは思わなかったな、夢みたいだなって思って涙があふれてしまった。

小倉唯さんのことをあんなに嫌いだったのに、私はステージの唯ちゃんを見て「かわいい」とか「好き」とか思えるようになってて、小倉唯さんの歌に共感できてて、それで何より横には何年も大好きな彼氏がいる。私が小倉唯さんを嫌いなままだったら絶対に実現しなかった光景だ。

私の小倉唯コンプレックスは相当深刻なものであったけど、これは彼氏に唯ちゃんのオタクをやめさせるとかではなく、私が自分の力で乗り越え解決しなければならない問題であるともずっと思っていた。

そのコンプレックスを今日、本当の意味で乗り越えられた。

今日は朝から彼氏に会えて物販に一緒に並んでライブTをお揃いで着れて一緒にライブ楽しんで「Raiseまだ来ないね」とかこっそり会話したりなんかして、すっごく楽しい1日だった。私が小倉唯さんを嫌いなままだったら「彼氏、今日小倉唯のライブに行ってて最悪!」ってイライラして1日が終わってたはずだ。

ほんとに、小倉唯さんを好きになれてよかった。

【10月11日追記】

このブログは前の記事のように馬鹿みたいにバズったりはせず、小倉唯さんのオタク達に少しずつツイッターで拡散された。それが本当に小倉唯さんのオタクになれた証に思えてたまらなく嬉しい。だって私は小倉唯さんのオタク“だけ”を撃ち抜ける文章を書けるほど小倉唯さんを好きになれたってことでしょ。嬉し過ぎる。

小倉唯さんを心から好きになって彼氏と一緒に楽しむ、というのはずーっと前からの理想の“自分”だった。

長い月日を要したけど、やっと私はそんな理想の“自分”に辿り着けた。彼氏に「唯ちゃんのオタクやめて!」と当たらず、きちんと自分のコンプレックスと、そして小倉唯さんと向き合いこの境地に至れた自分を誇らしく思う。

小倉唯さんを本心から好きになれて、ほんとうに本当に嬉しい。

【追記終了】

 

ライブを通して小倉唯さんの成長をたくさん実感したけど、私だって日々生きながら成長してて、こうやって小倉唯さんとお互いに良い感じにこれからも支え合えたら素敵だなあ…って思った。

本当に小倉唯さんを好きになれてよかった。

2ndツアーおめでとうございます。これからも好きです。

 

 

 

おわり。