オタク徒然

たぶん忘れてたのは 思い出じゃなくて 鍵の在り処だった

【内田彩】『ICECREAM GIRL』発売記念 最速フル試聴イベント

勝手に「内田彩楽曲派集会」と呼んでたイベントに行ってきました。

これは無料で100名様を最速視聴会にご招待!とかいう運営側に何のメリットもない(むしろ損害しかない)イベントで何故開催したのかはよくわからなかったのですが、まあそれはまたこれはこれはサイッコ~~~~~のイベントでした。高いチケ代とかがこう使われるなら大満足!

 

イベントの構成は二周アルバムをフルで流し、一周目は静かにオタクが聞き入り、二周目は日本コロムビアの川崎真衣さんと井上哲也ディレクターのコメント付きで二周目を流すというもの。

一周目も十分「っょぃ…ゃばぃ…」って感じだったんですけど、二周目で川崎さんや井上Dのコメントを聞くとほんとに強くてヤバかったです(語彙力)

ブログはわかりやすくするため一周分に言ってたことと感想をまとめて書いて行こうと思います。正直曲は一度じゃ覚えられないから川崎さんと井上Dが言ってたことのメモがメインになりそう。メモはまあ記憶が頼りの意訳だから参考程度にどうぞ。

 

1.What You Want!

ラップに挑戦、その姿がひたすらかわいい……って感じで特に新しい情報はなかった?かな?

コンペで満場一致で決まったそう。コンペは200曲→スタッフ選別→25曲→本人含めて選別、でアルバムに収録される曲が決まったとか。100曲以上内田さんが歌うかもしれなかった曲がこの世にはあると思うと未来に希望が持てる。

 

2.Yellow Sweet

今までアルバムを引っ張る楽曲はアップルミントやBlooming!のようにロック調な曲が多かったが、with you, Floating Heart, Everlasting Parade と内田彩を代表する新たなジャンルが確立されたので“今”の内田彩を表現するならこちらだろうとhisakuni先生の書き下ろし楽曲が今回のアルバムを引っ張ることになった。(意訳)

hisakuni先生の楽曲が大好きなのでこのように評価されてて嬉しかったです。

視聴で公開されてる以降もエモかったので早くじっくり聞きたい。

 

3.Say Goodbye, Say Hello

イントロ聞いて川崎さんが「あぁ……」ってため息漏らしたのがオタクって感じで最高でしたね。井上Dも「体感5秒」と評してたり、勢いが◎な楽曲でした。

「さよなら」をプラスに捉えてるのが個人的には好印象。

歌詞のうち8割は2日でできたけど、残りのサビ終わりがなかなかできず完成まで2か月かかった。(意訳)

 

4.Close to You

なんか良い感じのバラード。「内田さん本人が私が歌いやすいのはこういう曲、って言ってた」って言ってたような…記憶があいまいです。

 

5.Holiday

みんなびっくり内田さん作詞の楽曲!内田さんが作詞したのは主に2番だそう。

黒須さんが多忙過ぎて2番を作れないということになり、それならと内田さんが持って帰り本当に翌日に提出してきた。

そのクオリティが高かったため一言一句修正が入らず、 むしろ内田さんが黒須さんの作った1番を少し修正した。(意訳)

漏れの推し、天才過ぎん……?ヘラヘラ~っとすごいもん提出したらしい。さすが過ぎる。

 

6.Under Control

喉の手術期間などに感じたもどかしさを内田さんは歌うときに乗せている。(意訳)

そうです。なかなかエモい情報ですね。

2番のBメロの「Hey!」の掛け声は内田さん本人の希望で加わった。本人も強いこだわりがあるようなのでライブでみなさんにヘーイ!と言ってもらいたい。(意訳)

これ、聞いたらわかるんですけど2番のBメロのヘーイ!、ヤバイです。無意識に頭振って叫んじゃうタイプのブチ上がりです。ライブでめっちゃ楽しい曲だと思います。幕張が楽しみです。

曲と直接関係ないことでは、川崎さんが

内田さん、ロックな歌うたってるときすごいかっこいいのに歌い終わった後絶対照れるのがかわいいですよね(笑)

内田さんは曲を自分で解釈して感情を乗せて歌うのが上手いです。

 

と言っていました。

 

7.カレイドスコープロンド

hisakuni先生の2曲目の楽曲!フルで聞いてもやっぱめっちゃ強かったです。でも強過ぎてあんま記憶にないので早く音源が欲しいです。

内田さんは「演じる」系の楽曲だと言ってました。

 

8.Blue Flower

いや~~~~~~~~~これなんだよな~~~~~~~~~~~~~

私はピンク・マゼンダが好き過ぎて最近ツイッターの名前がピンク・マゼンダ・ヤクザなんですけど、正直Blue Flower強過ぎて明日にはブルー・フラワー・ヤクザに改名しそうだなって思いました。今日も青い花柄のワンピースで行ったしもうブルー・フラワー・ヤクザになりつつある。

なんかDメロがあって、それがピンク・マゼンダのCメロに似ていて曲の一番の盛り上がりで独特のポエミー感があってさいっこうに強かったんですよ。早く音源欲しいよ~~!!ママア~~!!!! もう早くDメロの歌詞読みたい!!!!いろんなオタクに早くフルで聞いて欲しい!!!!!!

「とにかく悲しい曲」「もしもあの時こうしてたら…と絶対に出ない答え」がテーマで、特にDメロは悲しさが爆発する部分。(意訳)  

ピンク・マゼンダ、Daydreamとアルバムごとに坂部剛先生のエレクトロニカ枠があって、今回はそれがBlue Flower。(意訳)

ピンク・マゼンダ、Daydreamとも違うけど地続きな曲

と言ってて、 正直私はDaydreamにはあんまりピンと来てない(もちろん大好きだけど)のですが、いや~~~~Blue Flowerは刺さった!!これはピンク・マゼンダに並んでしまうかもしれない!!!

 

9.Frozen 

アップルミントが春、Blooming!が夏、SUMILE SMILEが秋なので、内田さんをよくわかっている只野菜摘さんと持田裕輔さんの2人に冬をテーマに作ってもらった。(意訳) 

このへんは予想通りでしたね。

只野菜摘さんと持田裕輔さんということで過去のアプミンなどの話から内田彩ソロアーティスト活動そのものの方針の話にもなりました。

シングル無し、アニタイ無しは当初からの方針。

アルバムで全曲シングルにしても恥ずかしくないような曲を絶対作るぞという決意。(意訳)

 これを聞けたのは大きかったですね。私は内田彩さんの「音楽」の力だけで勝負するこの売り方が大好きで、それをディレクター様ご本人ご口から聞けて確認できて嬉しかったです。

本人の「声」と「楽曲」で業界に殴り込む内田彩さんの売り方、不健全さが一切なくてマジでかっこよくて本当に大好きです。処女ドル売りの何倍も健全だしコンテンツとしての終わりも見えないし最高だなって。彩が拾われたのが日本コロムビアさんでほんっとよかった、一生についていきます。

 

10.EARNEST WISH

内田さんは「規模が大き過ぎる曲では……?」 と心配していた。

でも歌詞を聞いてみると ヒロインが夜明け近く部屋にいるだけ。(意訳)

 

 11.SUMILE SMILE

言わずもがな。視聴も楽しかったけどSUMILE SMILEを聞くのも同じくらい楽しくて、この曲もう死ぬほど聞いたのにまだ新鮮な気持ちで楽しく聞けるってなんなんだよ好き過ぎるわアホ。

 「普通に良い曲じゃダメ、ものすごく良くないとダメ」と注文して作られたアップルミントとBreezin'。

SUMILE SMILEもそうだけど、持田祐輔さんは私たちの想像以上の出来で応えてくれた。

 すこだなぁ~

 

12.Ordinary

これはね…やばい…

 内田さんが喉の不調、手術の歌手活動休止期間を経て「今まで当たり前だと思ってたことの素敵さ」を歌った曲。考えてみればwith youはオタクへの感謝ソングになりつつあるけどあれって元々は普通の恋愛ソングだから、こうやって純粋に「内田彩」と「オタク」を歌う歌は初めてなんだよね……どうする?泣く?泣くしかなくない?

11.SUMILE SUMILE→12.Ordinaryで1stシングル(喉辛い2016秋冬)→今(復帰した2017春夏)を表現してて最高にずるいです。褒めてる。

去年は武道館の頃もSUMILE SMILEの頃もずっと内田さんの喉の調子が悪くて迷い、不安、皆さんの期待に応えなければならないことなどが辛かった。

でも今年内田さんが無事手術を終えて全快して、楽しそうに好きなように歌えるようになって本当によかった。(意訳)

ソロ活動を嫌がってた内田さんだけど、ICECREAM GIRLは楽しそうで収録も「え、もう終わっちゃうの?」って感じだった。 (意訳)

 ほんっと喉が治ってよかった…内田さんが楽しそうに歌ってくれて本当に幸せ…おかえり、彩(ガチ恋)

この「当たり前」の大切さを絶対に忘れたくないですね。

解説しながら川崎さんが泣きそうになっているのが印象的でした。内田さん本人はもちろん、チームも辛かっただろうなあ。いつもありがとうございます。

 

と、まあ大急ぎで書きましたがこんな感じです。

ほんとに素敵なイベントでした。最後に川崎さんと井上Dと少しお話できたし、握手もしたし。

私は内田彩さんが大好きだけど、それと同じくらい日本コロムビアさんの方針や楽曲も大好きで、そういった縁の下の力持ち側の方たちに直接ありがとうを伝える機会ができて嬉しかったです。

ぜひ今後もこういったイベントをしていただきたいです。重ね重ねありがとうございました。

明日ICECREAM GIRLをフラゲするのが楽しみでなりません。そしたらまた全曲レビューを別記事で書きたいです。

 

 

おわり。